家づくりをお考えの方へ

TEL:0120-21-5884 受付時間 9:00〜18:00 ※年末年始除く

資料請求
お問合せ
来場予約

家づくりをお考えの方へ

ずっと暮らす家だから
健康で安心して暮らしたい

 

安心・安全

地震や台風といった日本の自然災害に強い家となるよう、建築基準法に準じた耐震の指標において耐震等級3以上、耐震に加え、制震装置を採用。

ご家族の暮らしに応じた障壁を取り除くバリアフリー化により、住み心地を高めた安全な暮らしを提供します。

 

 

 

家族の健康

家と人の健康的な暮らしには温度・湿度・換気の3つを管理します。

 

冬場の室内の温度と血圧には関係があり、温度差があるほど血圧が急激に変化し健康に影響を及ぼします。

断熱材は家全体を包みますが、その断熱材の性能や窓の性能、施工方法により家の断熱性能が決まります。

小林工務店では新築の場合は、断熱等性能等級4以上・Heat20 G2グレードを推奨しています。

 

断熱性と気密性はセットで考え、どちらの性能も高めることで熱の出入りを防げます。

ただ、室内空気環境に問題が生じる場合があります。新建材で気密性断熱性の高い家では、カビ・ダニの発生、新建材や家具などから出る揮発性化学物質の影響で健康被害(シックハウス症候群、化学物質過敏症など)が出始めました。24時間換気という国策では現実的な解決にはなっていないのが実状です。

 

小林工務店が採用している通気断熱WB工法は、24時間換気がなくても同等の換気ができるシステムです。

さらに、温度で感知する形状記憶合金と屋根の焼き込みで発生する上昇気流のチカラで、室内の嫌なニオイ、揮発性化学物質などを湿気と一緒に室外へ排出するため、家自体の健康につながります。

 

家の躯体の中を空気が流れ、蒸れ腐れが起きず新築当初の耐震性能を保つことができます。

 

 

家族の暮らし

 

自然素材の注文住宅

小林工務店では、以下のスペック(住宅の性能)を軸に、自由設計でご家族の理想をカタチにします。

 

 

ご提案のベースとなる仕様は共通です。
 

・地盤改良:湿式柱状改良深層混合処理法

・基礎:鉄筋コンクリートベタ基礎

・構造躯体:在来軸組工法(無垢材)

・耐震等級3

・高気密・高断熱

・内外装仕上げ

・住宅設備機器
 

 

グランアヴニールプラン

Grand Avenir(グラン・アヴニール)

HEAT20 G2 UA値0.46

断熱等性能等級7(住宅性能表示最高クラス) 

耐震等級3 制震装置

通気断熱WB工法 ダブル断熱

 

断熱材/サッシ

基礎・土間外周:45mm

床:66mm

壁:66mm

屋根:仕様による

サッシ:高性能樹脂(3層)

付加断熱材(外張)

壁:仕様による

屋根:仕様による

 

アヴニールプラン

Avenir(アヴニール)

HEAT20 G2 UA値0.46

断熱等性能等級6

耐震等級3 制震装置

通気断熱WB工法 ダブル断熱

 

断熱材/サッシ

基礎・土間外周:45mm

床:66mm

壁:66mm

屋根:100mm

サッシ:高性能樹脂(複層)

付加断熱材(外張)

壁:20mm

屋根:45mm

 

 

コンフォートプラン

Comfort(コンフォート)

HEAT20 G1 UA値0.56

断熱等性能等級5

耐震等級3 制震装置

通気断熱WB工法

 

断熱材/サッシ

基礎:45mm

床:66mm

壁:66mm

屋根:100mm

サッシ:高性能樹脂(複層)

 

 

コモンプラン

Common(コモン)

UA値0.87 断熱等性能等級4

耐震等級3 省エネ基準適合住宅

 

断熱材/サッシ

床:マグ床トップ剛床80mm

壁・桁上:マグイゾベール・スタンダード 16K相当105mm

サッシ:アルミ複合

 

 

※条件、仕様の詳細については、お気軽にお問合せください

 

お問合せはこちら

来場予約はこちら

注文住宅のご相談はこちら


■通気断熱WB工法について

深呼吸したくなる家 

深呼吸したくなる家

①壁の中の通気性

壁の中を空気が流れ、夏の熱気や湿気もこもりません。

 

通気口から入った空気は、床下の冷たい空気と混ざって壁の中を上昇します。自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

 

 

深呼吸したくなる家

②気温に反応する形状記憶合金

家も季節に応じた空気の衣替えが可能です。

 

WB HOUSEは、各通気口に気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えが可能です。

 

 

深呼吸したくなる家

③気密性と断熱性

冬は、形状記憶合金で通気口からの冷気を遮断し、冷え込みを抑制。壁の中に空気層ができ、家中の気密性と断熱性がアップします。

 

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じ、冷気の浸入を防ぎます。壁の中の空気を動きにくくなり、室内暖房の熱が逃げないため断熱性が上がります。夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

 

 

深呼吸したくなる家

④湿気を通す壁

土壁の原理を応用し、臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を透過。換気システムに頼らず、結露しない家が実現します。

 

室内の有害な化学物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます。(厚生労働省指標値0.08ppm)

余分な湿気も抑え結露の心配もなし。室内は常にクリーンな空気で保たれます。

構造躯体の蒸れ腐れも起きず、新築当初の耐震等級を保ちます。

 


四季のある日本では、伝統的な家の寒さが弱点でした。

一方、木材と壁が常に湿気や化学物質を吸着・放出する「家の呼吸」=換気により、住人の健康と住宅の長期耐久を支えていました。

 

通気断熱WB工法は、人と家にとって不可欠な「家の呼吸」を、動力を使わず壁体内の自然換気システムとして進化させた仕組みです。

 

このより、室内環境を快適に保つ要素である温度・湿度・換気の管理が容易となり、カビ・ダニの発生、結露もなくなります。

 

また、家族の健康面のメリットとして、カビ・ダニが要因の呼吸器疾患や化学物質がもとで発症するシックハウスや化学物質過敏症に患いにくい室内環境となります。

壁の中にある2つの通気層で、四季に応じた空気環境を整えます。さらに、形状記憶合金を用いた通気口の自動開閉装置が家全体の「通気」と「断熱」を制御し、室内の気温と湿度のバランスを保ちます。

機械換気に頼ることなく健康的な住空間を維持できるのは、通気断熱工法の高い安全性の証です。

 

 

通気断熱工法(WB HOUSE)で建てたモデルハウスがございます。

『床・壁・天井の一部をスケルトン化し、仕組みをご覧いただけます。

 

 

全国のお客様の声を抜粋してご紹介します。

・ペットや料理、洗濯など室内の臭いが気にならない。
・アレルギー持ちの家族なので、健康に暮らせるのが嬉しい
・冬温かく、夏涼しい。エアコンは使うが、設定温度が変わった
・冬に結露せず、カビが発生しにくい
・在宅中や帰宅時に明らかな空気の違いを実感しています。
・風邪を引かなくなりました。
・喘息と花粉症の症状が軽減、病院に行くことがなくなりました。
・家全体が空気清浄機みたいです。
・梅雨時期でも室内空気のべたつき感がない。
・ぐっすり眠れるようになりました。

 

漆喰と無垢の木の自然素材による相乗効果で、「おうちがまるで空気清浄機」のようなモデルハウスです。

事前のご予約で敷地内モデルハウス、平屋次世代スマートハウスをご見学頂けます。


 

 

■耐震と制震について

耐震性能

 

耐震とは地震に対して耐えうる、建物そのものの形を保持する構造です。そして、維持能力をさらに強化するのが制震や免震と呼ばれる技術です。

 

現在建築基準法では、耐震構造に耐震等級1から3まで強さを示す指標があります。建築基準法に準じた耐震構造を1として、その1.25倍が耐震等級2、1.5倍が耐震等級3とされています。(上図)

揺れ方によっては、耐震等級3の建物が倒壊し、耐震等級1の建物が倒壊しない場合もあります。耐震等級3にしたから絶対に大丈夫!ということはありません。

 

耐震構造には限界があり、地震に耐えうる構造がその限界を超えてしまうと倒壊となります。耐えるだけの地震対策では不十分なため、別の角度から免震や制震の技術が生まれてきました。

 

高価な免震は一般住宅では難しいですが、それにくらべ制震は一般住宅に採用がしやすく免震ほど高価ではありません。

 

制震とは、揺れを抑え、地震の破壊エネルギーを熱エネルギーに変換し小さくします。耐震構造の威力を発揮し、繰り返しの地震にも対応できるようになります。

 

制震装置の特徴は、

・エネルギーを吸収し、建物の変形を抑制

・建物のダメージを低減し、本来の耐震性を維持

・免震工法と比較し低コストなため、一般住宅での採用が可能

 

 


 

■断熱性能とUA値について

断熱性能とUA値

 

■ダブル断熱・付加断熱について

外張り断熱と内側断熱の2つを組み合わせることですき間なく、熱損失を防ぎます。 断熱性能とUA値

 

 

 

 

保証について

建物20年保証(オプション)

★通常保証との違い
20年保証
★保証内容
20年保証

 

住宅設備機器10年保証(オプション)

★保証期間
住設10年保証
★主な保証対象
住設10年保証

✓10年間何度でも利用可能

✓新品交換含め無料修理

✓窓口一本化でスムーズなトラブル対応

 

お問合せはこちら

来場予約はこちら

注文住宅のご相談はこちら

 

 

 

 

小林工務店が選ばれる6つの理由

 

①北摂エリアを中心に根ざした工務店(地域密着)

 

②打合せから契約まで営業と設計、着工から完成まで自社スタッフによる一貫施工

 

③経験豊富なスタッフの柔軟かつ斬新なプラン提案

 

④大工の技術と熟練の職人とのチームワーク

 

⑤完成後のメンテナンスや小さなリフォームにもとことん対応

 

⑥電話一本で迅速に対応


 

株式会社 小林工務店

住所:大阪府高槻市辻子3丁目75-7

フリーダイヤル:0120-21-5884

設計事務所登録:大阪府知事 (ち) 5049号

建設業許可:大阪府知事 (般-3) 第67824号

宅地建物取引業:大阪府知事 (9) 29071号

ご相談・資料請求・お問合せはフリーダイヤル又は資料請求・お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。