高槻で創業50年、注文住宅・リフォーム・リノベーションなら小林工務店

TEL:0120-21-5884 受付時間 9:00〜18:00 ※年末年始除く

資料請求
お問合せ
来場予約

通気断熱工法

深呼吸したくなる家

「深呼吸したくなる家」(WB HOUSE)は、通気断熱工法によって建てられた住宅のことです。その特徴は壁の中にある2つの通気層で、家が衣替えをするように、四季に応じた環境を整えます。さらに、形状記憶合金を用いた通気口の自動開閉装置(ハットヘルス、バリアヘルス、アンダーヘルス)が家全体の「通気」と「断熱」を制御し、室内の気温と湿度のバランスを保ちます。機械換気に頼ることなく健康的な住空間を維持できるのは、通気断熱工法の高い安全性の証です。

深呼吸したくなる家

自動で家が呼吸する

四季の変化が大きい日本において、伝統的な家づくりは寒さに弱点を抱えておりました。もともと日本では、木材と壁が常に湿気や化学物質を吸着・放出する「家の呼吸」が長年にわたって住む人の健康と住宅の長期耐久をささえてきました。

 

この人と家にとって非常に重要な「家の呼吸」を、動力を使わない壁体内自然換気システムとして進化させたのが通気断熱WB工法です。

 

この工法は壁に湿気が透過する素材を使い、壁の中に断熱層と通気層という2つの空間を造る構造です。
簡単に言うと、冬は家がセーターを着たように保湿層をまとい、夏には下着に汗を吸わせて発散させるように、家が熱と湿気を自動的に排出します。

自然の力を利用したWB HOUSE

ご相談・資料請求・お問合せはフリーダイヤル又は資料請求・お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

通気断熱WB工法の施工事例

小林工務店で通気断熱WB工法で建てた事例の一部を高槻市・茨木市エリアを中心にご紹介しております。

家づくりを支える様々な素材や技術