高槻で創業50年、注文住宅・リフォーム・リノベーションなら小林工務店

TEL:0120-21-5884 受付時間 9:00〜18:00 ※年末年始除く

資料請求
お問合せ
来場予約

家づくりのこだわり

ずっと長く暮らす家だから
家族一緒に健康で安心して暮らしたい

伝統的な家づくりとは?

日本の伝統的な家は、電気やエアコンが無い中で夏をベースに造られていました。ですから風通しが良く、空気を汚すことはありませんでした。冬は「暖(だん)をとる」と言われていたように、囲炉裏(いろり)や火鉢(ひばち)など”火”を使って暖かくしていました。そもそも風通しが良いので火を使っても換気が必要なかったのです。 反面、風通しが良いとうことは、つまり寒さに弱いという弱点を抱えていました。

 

最新の建築方法とは?

大手ハウスメーカーが盛んに販売している高気密・高断熱の建築方法は、冷暖房を一定の温度に設定し、24時間換気システムによって温度も湿度も快適に保たれ、しかも省エネと言われています。

 

高気密・高断熱住宅のデメリットとは?

実はこの建築方法はもともとは冬の寒い地域でこそ最適な方法でした。 しかし、大手ハウスメーカーは快適さをウリに飛躍的に売上を伸ばしました。 その結果、高気密・高断熱住宅の普及に伴ってシックハウス症候群が社会問題化し始め、さらに症状が進み化学物質過敏症の患者も増えていきました。 国はシックハウス症候群を防ぐために24時間換気を義務付けるという、一時しのぎ的な方法で解決を測りました。 がしかし、24時間換気を止めればダニとカビの温床になる、建材や家具から出る揮発性化学物質で室内の空気環境が悪化する危険は解決されないままでした。

無垢と漆喰の家 KIGUMI

住む人が一番安らげる家とは何なのか?

小林工務店は、そんな思いに真っ向から向かいあうことを決断しました。 伝統的な家づくりのデメリットを最新技術で克服出来ないのか? その答えは、同じように日本の家づくりに疑問を持った長野県にある会社が開発した技術が解決してくれました。 「通気断熱工法」 日本の伝統的な家づくりの考え方と最新技術によって

・夏涼しく、冬暖かいエアコンの使用頻度が少ない家
・湿気がこもらず、24時間換気が必要ない家
・常に空気が流れていて、乾燥しすぎないので健康に安らかに過ごせる家

 

さらに小林工務店は

1.日本の大工が持つ匠の技を生かした木組み
2.場合によっては1000年以上もの間、地震や風雪に耐える技術
3.手作業による高度な加工技術を要する木造在来軸組工法

をベースに

・無垢の木が持つ暖かく優しい「癒し」
・湿度を自動で調節してくれ消臭効果もある漆喰

を取り入れ地球にも人にも優しい、暖かな「漆喰と無垢の家」を目指しました。

住む人が安らげる家

暖かな「漆喰と無垢の家」を支える最新技術

木の特性やクセをよむ

『木組み』とは、木の特性やクセをよみ、材同士がより拘束し合うように組んでいくことをいいます。
法隆寺に代表される社寺建築では、宮大工による丁寧な木組みにより1000年以上ものあいだ地震や風雪に耐えているものもあるくらいです。

 

私たちは、そんな伝統的な技術をふまえ現代的な感覚・新しい木組<KIGUMI>で自然の木を生かした住空間を、より表情豊かにした家づくりを目指しています。

 

かつて、木で構成された住空間は日本の伝統的な空間でした。
それは生活の器であると同時に人の心を和ませ、感性や美意識を培ってきました。
自然の材と材の接点に対する心づかい‥‥‥
古来の木組はそのひとつひとつが芸術的にさえ見えます。
節・割れからはその木が生きているという確かな息づかいが感じられます。

 

自然素材そのものの特長が人に与える影響はとても大きいと思います。自然素材は人を癒す力をもっているもの、空気環境を整えてくれるものなど様々です。
中でも私たちは漆喰と無垢の木にこだわっています。

ロゴ イメージ
漆喰と無垢の家「住宅展示場」はこちら

家づくりを支える様々な素材や技術

施工事例

小林工務店で建てた事例の一部を高槻市・茨木市エリアを中心にご紹介しております。

ご相談・資料請求・お問合せはフリーダイヤル又は資料請求・お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。