高槻で創業50年、注文住宅・リフォーム・リノベーションなら小林工務店

TEL:0120-21-5884 受付時間 9:00〜18:00 ※年末年始除く

資料請求
お問合せ
来場予約

スタッフブログ

高気密高断熱住宅について考えてみる。

家づくりのこと

こんにちは、東谷です。今日は、高気密高断熱住宅について。高気密高断熱住宅は戦後の日本が目指してきた家づくりです。

経済、産業の発展のため、そして便利で快適な暮らしを実現するために国や大手ハウスメーカー、大手建材メーカーが様々な工法や建材を開発してきました。

高気密高断熱という考え方は「冬寒い!」からスタートして考え方です。昔の日本家屋は「夏風通しがよく涼しいが、冬は暖をとらないと寒くてたまらない。」が当たり前の家でした。なのでその冬のストレスを解消したいと考えたのでしょう。確かに寒いのはいやですよねぇ~。部屋が暖かいとホッとしますもの。

 

高気密はその言葉通り、気密性を高くすることです。マンションにお住まいの方ならば、締め切ったLDKでキッチンの換気扇をつけるとバルコニーに面した通気口(開け閉めできて換気扇がついていないもの)がひゅ~ぅと音がしたりした経験はないでしょうか?これは鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートでできているため気密性が高い証拠?と言えるものです。

高断熱とは断熱性を高めることです。断熱性を高めると部屋への外気温の影響を受けにくくなります。冬のメリットは、外が寒くても部屋はその影響を受けにくく、暖房機器で効率よく暖かくすることができるということです。夏のメリットは、クーラーの効きが良いことです。ただし、夏も冬も部屋は閉め切った密閉状態ということです。

これらの高気密や高断熱は、C値(隙間相当面積)やQ値(熱損失係数)という数値で住宅の性能を示す一つの目安になっています。私は個人的にはあまりそれらの数値は重要でないと思っています。

そして最近はシックハウス症候群や化学物質過敏症などの環境病の患者が増えてきている現状をみてみると、どうも単に高気密高断熱にしただけではどうかという疑問が出てきました。特に木造在来工法にとっては人だけではなく、柱や梁などの構造躯体にも良くないように思っています。

 

木は切ってからも呼吸していると言われるほど調湿性を持っています。高気密にするということは壁の中が密閉状態となり空気の流れもないので、木(柱や梁なども)窒息に近い状態になるのではと思います。そして、何かの原因で湿気や水が入ってしまうと出て行く場所もなく木が蒸れ腐れを起こす原因となります。せっかく耐震性のある住宅を建ててもその躯体が群れ腐れを起こしてしまうと、新築当時の耐震性を保てなくなってしまうのではないかと思うからです。

昔の家づくり、高気密高断熱住宅の発展、環境病。何よりも家(住まい)は、人にとって安らぐためにあるもの。

色々と考えていくと木の家を建てるには、建物にもやさしく(躯体が長持ちするように)、人にもやさしくということが大切なのかなぁと思っています。シンプルに木の建物にとって一番いいのは、神社仏閣のように外も中も真壁仕上げ(構造躯体の柱が見えている壁)にすることでしょうね。ただ今の住宅事情で考えると外壁については真壁仕上げにするのはしんどいかもしれません。

 

そんな中で私たち小林工務店が取り組んでいるものの中に、通気断熱WB工法という通気断熱工法があります。屋根が受ける太陽光(熱)による焼け込みで発生する上昇気流を利用して壁の中の空気を吸い上げてもらう工法です。この工法だと壁の中に空気が流れて躯体の蒸れ腐れを防ぎ、冬は形状記憶のバネにより通気を抑えて空気層が断熱層となり断熱材と合わせて断熱効果を発揮してくれます。またこの通気工法は、通気性のある内壁(例えば石膏ボードと漆喰)により部屋の中の空気も微量ですが透過していきます。しかし数値で言えば、24時間換気がいらないくらいの換気量になります。

そして部屋の中はできるだけ自然素材で仕上げます。床は無垢の木、壁や天井は漆喰や無垢の木などで仕上げると自然素材が持つ癒し効果や調湿性、消臭効果などで安らぐ空間になります。

そして漆喰が面白いのはそれらの性能以外に、塗ってから徐々に空気中の二酸化炭素と反応して石に近づいていきます。ということは、室内で呼吸して出る二酸化炭素を漆喰が分解してくれるということです。室内の空気環境改善に役立つ素材です。また、漆喰は消石灰でできているので強アルカリ性です。インフルエンザなどの消毒には消石灰が使われたりします。ウィルスは強アルカリ性に弱いので、直接ウィルスを浴びれば話は別ですが少なくとも、多少の予防にはなるかもしれません。(安心してはダメですよ。)

ただ無垢の木や漆喰にもデメリットがあります。漆喰の場合、乾いていくと割れや隙間が出来たりします。初めのうちはポロポロと落ちたりもします。また多少の汚れは消しゴムで消したりできますが、取れない汚れもあります。また外壁に使うと雨だれ(雨が流れた跡)がついたりします。無垢の木の場合、多少のキズやヘコミは水をつければ戻りますが、繊維を破壊するようなものは戻りません。またコーヒーなどがこぼれた時は合板フローリングはサッと拭けますが、無垢(特に無塗装)の場合はすぐに拭き取っても痕が残る場合があります。

どんな素材でもその人にとってのメリットやデメリットはあります。自然素材を使う場合はある人にはデメリットでもその人にとっては「それがいいねんやんか。アジやでアジ!」っていう人もいます。海外ではそれらの自然素材がもつ経年変化の美しさを「パティーナ」という美しい響きの言葉で表現するそうです。

昔、完成見学会を開催させていただいたお客様で「お客様が来られたら、土足で入ってもらっていいですか?」って聞かれたことがあります。驚いて「何でですか!?」って聞くと、「汚したり、キズついたりしたほうがアジがあって好きなので。」と言われました。ピカピカの真鍮のドアノブもあえてお客様がサンドペーパーで艶がなくなるほどキズを付けていました。そのようなビンテージの風合いがとても好きなお客様もいらっしゃいます。

高気密高断熱はいいのですが、もう一捻り加えてこんな感じで建て方と技術、そして使う素材を工夫すれば私が考える「家と人にやさしい」家に近づくのではないかと思っています。

家を建てる場合は、自分や家族にとって、どんな暮らしがしたいのか?何が大切か?何を優先するべきか?をしっかりと見極める力が必要になってくると思います。頭で考えるのではなく、紙に書き出してみましょう。もちろん、ライフプランを考えた資金繰り(家の予算、子どもの成長など)も大切ですよ。この情報社会の中、様々な情報に惑わされることなく、「家族のための家づくり」を考えてみてください。

オススメ記事

スタッフブログ一覧へ