ホーム > 家づくりへのこだわり > 通気断熱WB工法の家

通気断熱WB工法の家

page_bn_wb

自動で家が呼吸する

漆喰と無垢×通気断熱の家四季の変化が大きい日本において、伝統的な家づくりは寒さに弱点を抱えておりました。もともと日本では、木材と壁が常に湿気や化学物質を吸着・放出する「家の呼吸」が長年にわたって住む人の健康と住宅の長期耐久をささえてきました。

この人と家にとって非常に重要な「家の呼吸」を、動力を使わない壁体内自然換気システムとして進化させたのが通気断熱WB工法です。

この工法は壁に湿気が透過する素材を使い、壁の中に断熱層と通気層という2つの空間を造る構造です。
簡単に言うと、冬は家がセーターを着たように保湿層をまとい、夏には下着に汗を吸わせて発散させるように、家が熱と湿気を自動的に排出します。

つまり、自動的に「家の呼吸」が制御されており、昔の土壁による呼吸を現代版に進化させた工法です。

通気断熱WB工法の家:問い合わせ

小林工務店の約束

保証・保険・アフターメンテナンス ※新築の場合

  • 当社の「安心10年保証」
    引渡した後に、構造上重要な部分に瑕疵(欠陥)が見つかった場合は10年間保証します。
    万が一小林工務店に不測の事態が発生し、保証が困難となった場合でも第三者機関の斡旋により10年保証は引き継がれますので、ご安心ください。
  • 引き渡し後から始まる信頼のアフターメンテナンス(点検・年1回の巡回訪問など)

さらにお客様の任意で、下記の「安心サービス」をご用意致しております。

  1. 建設予定地が軟弱地盤であった場合、地盤補強を行いますが小林工務店では地盤補強を行った後のアフタフォローとして、第三者機関の保険をご用意しております。※任意加入です。
  2. 万が一、小林工務店に不測の事態が発生し完成お引渡しが出来ない場合第三者機関が完成お引き渡し保証する保険をご用意しております。※任意加入です。

大工の育成

良い家を建てるにはまずいい大工から。
小林工務店は大工を育て、伝統的な技術を継承し、「新しい家づくり」をカタチにします。未来の大工さんを育てることが、いい家づくりにも繋がっていく、そして、いい大工さんがいるからこそお客様一人ひとりのこだわりをカタチにしていくことができると考えています。

通気断熱WB工法の家のTOPへ