制震GVA工法

制震GVA工法

GVAの耐震材

GVAの耐震材は世界中で40年以上の実績がある、住友スリーエム製の粘弾性ダンパー「VEM」を採用。 その結果

  • 揺れを50%以下に抑えます。
  • 長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物と人の命を守ります。
  • 大地震後の補修費用を大幅に軽減します。

耐震だけで大丈夫?

震度7の地震や、余震が繰り返し発生する場合では、建物が大きく損傷したり、倒壊することも考えられます。
現在の構造計算では地震を横からの力としてとらえており、これを耐震壁の力で抵抗します。
ところが震度7のような大きな地震に対しては、

耐震壁の力が足らなかった場合には、損傷や倒壊に至ります。
また、耐震壁は繰り返しの揺れで損傷し、持っていた力がおとろえてしまうことがあります。

その他に重要なこととして建物の共振現象などがありますが、不確定なことが多いため、実際の被害想定まではなかなかできないのが現状なのです。

耐震壁の地震対策

新たな地震対策「制震GVA工法」

耐震+制震 -中〜巨大地震 あらゆる規模の揺れに対応-

震度7の地震波を入力した実験後の試験体

制震GVA工法:問い合わせ

小林工務店の約束

保証・保険・アフターメンテナンス ※新築の場合

  • 当社の「安心10年保証」
    引渡した後に、構造上重要な部分に瑕疵(欠陥)が見つかった場合は10年間保証します。
    万が一小林工務店に不測の事態が発生し、保証が困難となった場合でも第三者機関の斡旋により10年保証は引き継がれますので、ご安心ください。
  • 引き渡し後から始まる信頼のアフターメンテナンス(点検・年1回の巡回訪問など)

さらにお客様の任意で、下記の「安心サービス」をご用意致しております。

  1. 建設予定地が軟弱地盤であった場合、地盤補強を行いますが小林工務店では地盤補強を行った後のアフタフォローとして、第三者機関の保険をご用意しております。※任意加入です。
  2. 万が一、小林工務店に不測の事態が発生し完成お引渡しが出来ない場合第三者機関が完成お引き渡し保証する保険をご用意しております。※任意加入です。

大工の育成

良い家を建てるにはまずいい大工から。
小林工務店は大工を育て、伝統的な技術を継承し、「新しい家づくり」をカタチにします。未来の大工さんを育てることが、いい家づくりにも繋がっていく、そして、いい大工さんがいるからこそお客様一人ひとりのこだわりをカタチにしていくことができると考えています。

制震GVA工法のTOPへ