ホーム > 家づくりへのこだわり

家づくりへのこだわり

dwellon_img

伝統的な家づくりとは?

日本の伝統的な家は、電気やエアコンが無い中で夏をベースに造られていました。ですから風通しが良く、空気を汚すことはありませんでした。冬は「暖(だん)をとる」と言われていたように、囲炉裏(いろり)や火鉢(ひばち)など”火”を使って暖かくしていました。そもそも風通しが良いので火を使っても換気が必要なかったのです。 反面、風通しが良いとうことは、つまり寒さに弱いという弱点を抱えていました。

最新の建築方法とは?

大手ハウスメーカーが盛んに販売している高気密・高断熱の建築方法は、冷暖房を一定の温度に設定し、24時間換気システムによって温度も湿度も快適に保たれ、しかも省エネと言われています。

高気密・高断熱住宅のデメリットとは?

実はこの建築方法はもともとは冬の寒い地域でこそ最適な方法でした。 しかし、大手ハウスメーカーは快適さをウリに飛躍的に売上を伸ばしました。 その結果、高気密・高断熱住宅の普及に伴ってシックハウス症候群が社会問題化し始め、さらに症状が進み化学物質過敏症の患者も増えていきました。 国はシックハウス症候群を防ぐために24時間換気を義務付けるという、一時しのぎ的な方法で解決を測りました。 がしかし、24時間換気を止めればダニとカビの温床になる、建材 や家具から出る揮発性化学物質で室内の空気環境が悪化する危険は 解決されないままでした。

家族が安らげる家小林工務店は、そんな思いに真っ向から向かいあうことを決断しました。 伝統的な家づくりのデメリットを最新技術で克服出来ないのか? その答えは、同じように日本の家づくりに疑問を持った長野県にある会社が開発した技術が解決してくれました。 「通気断熱WB工法」 日本の伝統的な家づくりの考え方と最新技術によって

  • 夏涼しく、冬暖かいエアコンの使用頻度が少ない家
  • 湿気がこもらず、24時間換気が必要ない家
  • 常に空気が流れていて、乾燥しすぎないので健康に安らかに過ごせる家

さらに小林工務店は

  1. 日本の大工が持つ匠の技を生かした木組み
  2. 場合によっては1000年以上もの間、地震や風雪に耐える技術
  3. 手作業による高度な加工技術を要する木造在来軸組工法

をベースに

  • 無垢の木が持つ暖かく優しい「癒し」
  • 湿度を自動で調節してくれ消臭効果もある漆喰

を取り入れ地球にも人にも優しい、暖かな「漆喰と無垢の家」を目指しました。

「漆喰と無垢の家」KIGUMI

自然素材そのものの特長が人に与える影響はとても大きいと思います。自然素材は人を癒す力をもっているもの、空気環境を整えてくれるものなど様々です。 中でも私たちは漆喰と無垢の木にこだわっています。

[漆喰の特長]

吸湿、放湿に優れている事と、空気を浄化する効果でカビの発生を抑制します。 最大の特長は、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた100%自然な材料で出来ていることから、「人に優しい」素材なのです。

[無垢の木の特長]

木には人をリラックスさせ、ストレスを解消させる力があると言われています。 実際、ヒノキ材の壁を見るとストレスが抑制されるとも実験で証明されています。 また、スギの香りのする部屋で寝ると深い睡眠(レム睡眠)に早く達すると言われています。 さらに、木材は大理石と比べると2~3倍の衝撃吸収能力があり、転んだ時の衝撃を和らげてくれます。 意外に知られていませんが、木は紫外線を吸収するため、目に与える刺激もすくなく目に優しい素材といえます。 この自然にも人にも優しい漆喰と無垢の木にこだわった家で 木の優しさを一緒に感じませんか?

<KIGUMIは当社の登録商標です。>

通気断熱工法

dwellon_wb冬暖かい高気密高断熱の断熱性の良さと夏涼しい昔ながらの通気性の良さを合わせ持つのが通気断熱WB工法です。

その仕組みは、透過する壁(漆喰など)と温度で感知する形状記憶のバネにより開閉する独自のシステム。これらと太陽光が当たる屋根の焼け込みによって上昇気流ができ、壁内を通気させるものです。この作用と透過する壁により、部屋の中の空気環境も整えてくれます。(温湿度を調整します。換気能力は24時間換気並みです。)

通気断熱WB工法の採用により、夏は熱が部屋にこもらず、冬はしっかりと熱を逃がさないようにします。またこの工法は、太陽光、形状記憶のバネ、透過する壁といった電気などの動力を必要としないシステムなので、とても環境にやさしいシステムでもあります。

最先端制震システム「制震GVA工法」

制震「GVA工法」GVAの制震材は世界中で40年以上の実績がある、住友スリーエム製の粘弾性ダンパー「VEM」を採用。 その結果

  • 揺れを50%以下に抑えます。
  • 長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物と人の命を守ります。
  • 大地震後の補修費用を大幅に軽減します。
■以前と比べて、夏・冬とも冷暖房器を使う日が減りました。
■エアコンの効きが良くなって、すぐに部屋が涼しくなったり暖かくなったり。
■漆喰の効果もあってか、洗濯物が部屋干しのニオイがない。
■夏は涼しく、冬は暖かで冷暖房機器を使う日が減り、通気断熱WB工法の効果を実感しています。
■雨の日、部屋干しでも洗濯ものがよく乾きます。
■暑い日、帰宅するとムシムシ感がなくなりました。
■無垢材は手や足の裏で触れた感じが優しい。
家づくりへのこだわりF₢킹

小林工務店の約束

保証・保険・アフターメンテナンス ※新築の場合

  • 当社の「安心10年保証」
    引渡した後に、構造上重要な部分に瑕疵(欠陥)が見つかった場合は10年間保証します。
    万が一小林工務店に不測の事態が発生し、保証が困難となった場合でも第三者機関の斡旋により10年保証は引き継がれますので、ご安心ください。
  • 引き渡し後から始まる信頼のアフターメンテナンス(点検・年1回の巡回訪問など)

さらにお客様の任意で、下記の「安心サービス」をご用意致しております。

  1. 建設予定地が軟弱地盤であった場合、地盤補強を行いますが小林工務店では地盤補強を行った後のアフタフォローとして、第三者機関の保険をご用意しております。※任意加入です。
  2. 万が一、小林工務店に不測の事態が発生し完成お引渡しが出来ない場合第三者機関が完成お引き渡し保証する保険をご用意しております。※任意加入です。

大工の育成

良い家を建てるにはまずいい大工から。
小林工務店は大工を育て、伝統的な技術を継承し、「新しい家づくり」をカタチにします。未来の大工さんを育てることが、いい家づくりにも繋がっていく、そして、いい大工さんがいるからこそお客様一人ひとりのこだわりをカタチにしていくことができると考えています。

家づくりへのこだわりのTOPへ